トップページへ
メニュー

バナナをおいしく食べるためのFAQ バナナをおいしく食べるためのFAQ バナナをおいしく食べるためのFAQ

お客さまからお寄せいただくご質問のうち、特に多いものをご案内しております。
電話やメールでのお問合せ前に、まずはこちらをご確認ください。

Q:バナナの食べごろを教えてほしい
A:

キリンの模様のような黒い斑点は「シュガースポット」と呼ばれています。バナナが熟してて甘くなると出てくるので、
そのように呼ばれています。皮をむくと果肉はきれいなままで、おいしく召し上がれます。

Q:バナナの保存方法を教えてください
A①:
通常の保存

バナナの保存には15~20℃くらいの常温で風通しの良いところでの保存をお勧めいたします。

A②:
春・夏・秋 長持ちさせたい(保存持続)

バナナに茶色い星が出たら、ビニール袋へ入れて冷蔵庫の野菜室にて保存してください。
皮が黒くなることがありますが、果肉には影響はありません。

A③:
冬 長持ちさせたい(保存持続)

熱帯・亜熱帯性の果物であるバナナは寒さに弱く、低温で保存すると低温障害をおこしてしまうことがあります。
しかし、皮をむいた時に果肉がきれいであればお召し上がりいただけます。

Q:バナナの消費期限を教えてください
A:

バナナは青果物のため消費期限は設けておりませんが、
皮をむいて頂いた際に果肉が黒くなっていなければ美味しくお召し上がり頂けます。

Q:バナナはどれくらい日持ちするものですか
A:

保存状態や季節によっても変わってきますので一概に申し上げられませんが、元々バナナというのは日持ちする類の果物ではありません。
弊社では、保存に適した温度を15~20℃とご案内しており、その温度内で外袋を外して保存すると比較的緩やかに熟度が進行してゆきます。
また、バナナの状態にもよりますが、熟したバナナを冷蔵庫で保存をすると、常温で保存するよりも多少日持ちします。

Q:皮がまだ青いのに中の果肉がぐちゅぐちゅです
A:

バナナはデリケートな果実です。
外皮に傷が見えなくても物理的な力を受けた事により、果肉内部が潰れてしまったことによるものと考えられます。

Q:皮裂け・皮割れ (縦方向にツーッと裂けている)
A:

追熟後に湿度の低い環境に置かれると表皮の水分が奪われ、皮が裂けることがあります。
果肉に問題はございませんが、裂けた部分が乾燥致しますので、なるべく早くお召し上がりください。

Q:バナナが臭い・果肉もおいしくない
A:

バナナの追熟には100%に近い湿度の加工室で追熟を進めるため、蒸れたような匂いが残る可能性があります。
袋入りのバナナであれば、袋から取り出して風通しのよい場所で保管していただければ、不快なにおいは収まってゆきます。
甘みが少ない場合はまだ熟し切っていない可能性が考えられますので果肉が柔らかくなるまでお待ちください。

バナナの栄養

86kcal エネルギー
75.4g 水分
0.2g 脂質
22.5g 炭水貨物
131μg ビタミンA
350mg カリウム
26μg 葉酸
1.1g 食物繊維
0g コレステロール
86kcal エネルギー 75.4g 水分 0.2g 脂質 22.5g 炭水貨物 131μg ビタミンA 350mg カリウム 26μg 葉酸 1.1g 食物繊維 0g コレステロール

バナナの成分表

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)より
可食部100g当たりエネルギー86kcal
360kJ
水分75.4g
たんぱく質1.1
アミノ酸組織によるたんぱく質0.7
脂質0.2
トリアシルグリセロール当量
炭水化物22.5
灰分0.8
無機質ナトリウムTrmg
カリウム360
カルシウム6
マグネシウム32
リン27
0.3
亜鉛0.2
0.09
マンガン0.26
ヨウ素0
セレン1
クロム0
モリブデン7
ビタミンAレチノール0μg
カロテンα28
β42
β-クリプト
キサンチン
0
β-カロテン当量56
レチノール当量5
D0
Eトコフェ
ロール
α0.5mg
β0
γ0
δ0
K0μg
B10.05mg
B20.04
ナイアシン0.7
B60.38
B120μg
葉酸26
パントテン酸0.44mg
ビオチン1.4μg
C16mg
脂肪酸飽和g
一価不飽和
多価不飽和
コレステロール0mg
食物繊維水溶性0.1g
不溶性1
総量1.1
食塩相当量0g
WordPress Video Lightbox